子育ての文化としての野口整体

  • 2019.08.15 Thursday
  • 12:31

野口整体をご存知でしょうか?

 

大正時代に野口晴哉先生が創始したいのちを整える操法で、心と身体からアプローチする操法です。今日、街でみかける整体やカイロプラクティックの元型です。いまでは、自然療法や代替医療として活用される方も多くいらっしゃいます。

 

野口先生は、晩年、整体操法(なかでも愉気と活元運動)をお母さんと子どもに拡げようとされました。

 

なぜ、野口先生は弟子たちに整体操法を教えるのをやめ、お母さんと子どもに教えるようになったのでしょうか。

 

その理由は、もちろん、野口先生に聞いてみないとわからないことですが、当時、日本は戦後に入ってきた欧米文化とともに、日本に土着的にあったいのちを産み育むことの叡智が失われつつありました。

 

そのような状況の中で、子どもの心と身体が丈夫に育つためのさまざまな手法を、お母さんと子どもたちに伝えようとされました。

 

安産のための操法、産褥期をスムースに経過させるための操法、子どもが丈夫に育つための操法、お母さんの不安を軽減させる心理指導など、さまざまな叡智をいのちを産み・育むための文化として体系化されました。

 

実は今日、野口整体の子育て法の確かさを、愛着理論や脳科学などが証明しつつあります。日本という地域に連綿と続いてきたいのちのための文化が、西洋の近代科学によって証明されてきているのです。

 

自然療法や代替医療としての評価はほぼ確立したといってよい野口整体ですが、その最も素晴らしいエッセンスは子育ての操法にあります。

 

その操法のポイントは、「かのようにすべし」といった近代教育のようなあり方ではなく、子どもと親に最もフィットするオリジナルな育て方を自然と自分で構築できるようになっていくところにあります。

 

もちろん、合気道などの武道の練習に型があるように、野口整体にも型があるといえます。その型は何が起こるかわかならい日々の現場で活かすために学ぶものであって、型通りやることを指導者が求めたりまた評価したりするわけではありません。しかし、私たちはつい、型を完璧に習得することばかりを目的としてしまいがちです。

 

野口晴哉先生の嘆きは、ここにありました。

 

型の学びから、個々人のオリジナルの創造へ。

 

野口先生が目指していた野口整体を、現代の日常生活の中で存分に活かしていくためには、西洋の近代科学が発達させてきた関係療法・愛着理論・発達心理学などを同時に用いる必要があることを臨床・研究の結果、発見しました。

 

当相談室では、野口整体を子育てのための操法として再評価し、そのエッセンスを現代の女性・子ども・家族と未来へと引き継いでいくことを目指します。

 

そして、日常生活の中でオリジナルにご活用できることを、総合的にサポートしてまいります。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM